日本語 ENGLISH
検索
お問い合わせ

ESGデータ集

サステナビリティパフォーマンスデータ一覧

A:NTTアーバンソリューションズ/B:NTT都市開発、NTTファシリティーズ/C:NTTアーバンソリューショズ、NTTアーバンソリューションズ総合研究所、NTT都市開発、NTTファシリティーズ、NTTアーバンバリューサポート/D:NTTアーバンソリューションズグループ

財務パフォーマンス
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
売上高 D 億円 4,477 4,465 3,893
営業利益 D 億円 451 466 452
サステナビリティマネジメント等の状況
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
取締役数 A 13 8 7
 社内 A 13 7 6
  男性 A 13 7 5
  女性 A 0 0 1
 社外 A 0 1 1
  男性 A 0 1 1
  女性 A 0 0 0
監査役数 A 4 4 4
 社内 A 2 2 2
  男性 A 2 2 2
  女性 A 0 0 0
 社外 A 2 2 2
  男性 A 2 2 2
  女性 A 0 0 0
取締役会開催回数 A 9 11 9
取締役会平均出席率 A % 98.7 95.8 95.1
監査役会開催回数 A 13 13 9
監査役会平均出席率 A % 100.0 100.0 100.0
雇用等の状況
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
社員数 D 8,055 8,174 6,267
 男性 D 6,738 6,745 4,907
 女性 D 1,317 1,429 1,360
平均年齢 C 42.6 41.5 40.6
新卒採用者数 C 285 169 159
 男性 C 194 119 101
 女性 C 91 50 58
経験者採用者数 C 137 107 83
 男性 C 114 90 75
 女性 C 23 17 8
離職率(全体) C % 8.5 6.1 8.3
うち自己都合 C % 2.3 1.8 2.8
社内制度利用等の状況
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
育児休職者数 C 44 96 97
介護休職者数 C 1 0 3
労働災害事故発生件数 D 4 13 7
 業務災害 D 4 5 3
 通勤災害 D 0 8 4
企業倫理・コンプライアンス・ヘルプライン申告件数 D 23 40 32
健康経営等に関する状況
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
特定保健指導対象率 D % - 21.0 28.1
適正体重維持者率 D % - 68.6 70.8
喫煙率 D % - 23.1 27.1
運動習慣比率 D % - 23.3 23.5
睡眠十分者率 D % - 78.7 94.1
健康診断実施率 D % 100.0 100.0 100.0
ストレスチェック実施率 D % 100.0 100.0 100.0
社員満足度調査実施率 D % - 100.0 100.0
育成・研修等に関する状況
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
年間平均研修時間(社員一人当たり) C 時間 33.8 29.3 45.9
社会貢献活動支出額 D 千円 48,627 134,909 122,193
情報セキュリティ研修実施率 D 100.0 100.0 100.0
コンプライアンス研修実施率 D 100.0 100.0 100.0
人権に関する研修実施率 D 100.0 100.0 100.0
環境パフォーマンスデータ
範囲 単位 2020年度 2021年度 2022年度
CO2排出量 B t-CO2 87,187 81,956 81,965
総エネルギー消費量 B kWh 299,808,076 302,449,017 292,245,356
 再生可能・新エネルギー B kWh 9,714,218 64,154,653 138,306,093
廃棄物総排出量 B t 8,297 7,709 8,188
リサイクル率 B % 80.0 95.2 91.8
リサイクル量 B t 6,635 7,338 7,512
最終廃棄(処分)量 B t 1,660 365 666
廃棄物の最終処分率 B % 20.01 4.73 8.14
水資源使用量 B 千㎡ 19,187 20,811 38,099
 上水 B 千㎡ 16,497 18,050 35,413
 中水 B 千㎡ 2,690 2,761 2,687
純正パルプの使用量 C t 114 87 71
温室効果ガス排出量(スコープ1,2,3)※1
範囲 単位 2020年度 2021年度※2 2022年度
スコープ1 D t-CO2 - 3,063 1,841
スコープ2 D t-CO2 - 17,502 2,866※3
スコープ3 D t-CO2 - 3,244,232 2,678,078
 カテゴリ1 購入した製品・サービス D t-CO2 - 658,276 494,021
 カテゴリ2 資本財 D t-CO2 - 137,432 131,282
 カテゴリ3 scope1,2 に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 D t-CO2 - 3,492 2,913
 カテゴリ4 輸送、配送(上流) D t-CO2 - 200 229※3
 カテゴリ5 事業から出る廃棄物 D t-CO2 - 91 142
 カテゴリ6 出張 D t-CO2 - 1,222 4,251
 カテゴリ7 雇用者の通勤 D t-CO2 - 3,396 2,769
 カテゴリ8 リース資産(上流) D t-CO2 - 対象外 対象外※5
 カテゴリ9 輸送、配送(下流) D t-CO2 - 対象外 対象外※6
 カテゴリ10 販売した製品の加工 D t-CO2 - 対象外 対象外※7
 カテゴリ11 販売した製品の使用 D t-CO2 - 2,330,160 1,960,152※8
 カテゴリ12 販売した製品の廃棄 D t-CO2 - 3,900 1,789
 カテゴリ13 リース資産(下流) D t-CO2 - 106,062 80,531
 カテゴリ14 フランチャイズ D t-CO2 - 対象外 対象外
 カテゴリ15 投資 D t-CO2 - 対象外 対象外
  1. NTTアーバンソリューションズグループとして第三者保証を受けています
  2. 2022年度の変更内容を遡及適用しています
  3. 他社の熱利用をスコープ2からスコープ3カテゴリ13の計上へと変更しています
  4. カテゴリ4,6,7のWTT(well-to-tank)と、カテゴリ11のNTTファシリティーズ請負工事による新築建物の排出量は少量(0.4%未満)のため除外しています
  5. リース資産が使用する燃料や電力はスコープ1またはスコープ2で算定済みのため、算定対象外としています
  6. 自家物流や自社施設での排出(スコープ1または2で算定)、委託輸送(カテゴリ4で算定)が主であることから、算定対象外としています
  7. カテゴリ10、14、15は、事業対象がない、他のカテゴリ・スコープに含まれる等の観点から算定対象外としています
  8. 算定方法の精緻化を図るため、2022年度より一部計上基準の見直しを行っています
ページトップに戻る