日本語 ENGLISH
検索
お問い合わせ

ニュースリリース

2024年7月 1日

社員のつながりデータを利用した新システム「スマートホテリング®」提供開始 ~独自の「レコメンド機能」でハイブリッドワークのコミュニケーション課題を解決~

PDFはこちら

株式会社NSFエンゲージメント NTTアーバンソリューションズ株式会社

株式会社NSFエンゲージメント(本社:東京都品川区 代表取締役社長 梅澤 恭太 以下、「NSFエンゲージメント」)は、NTTアーバンソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 上 広志)と共同で、社員間のコミュニケーションを活性化するための新システム「スマートホテリング®」を開発、2024年7月1日にNSFエンゲージメントより提供を開始します。

このシステムは、一般的なホテリング機能(座席予約機能)に加え、社内に点在する多様なデータを利活用し、独自の特許技術によって社員のつながりデータに基づき出社を促す「レコメンド機能」や、社員の様子を分かりやすく提示するUI(ユーザーインターフェース)「メンバーズポータル機能」などにより、リモートワークとオフィス勤務の垣根を越えたスムーズなコミュニケーションを実現します。

それにより、社員一人ひとりが効果的に連携しあい、知的生産性の向上や共創・創発の促進、働きやすい職場環境の構築、ひいては社員エンゲージメントの向上や企業文化の醸成を支援します。

「スマートホテリング」開発の背景

働き方の変化と課題
働き方の変化と課題 イメージ

NSFエンゲージメントは「総務の専門家集団」として、これらの経営課題を解決するために、働き方データを利活用した新システムの開発をスタートし、NTTアーバンソリューションズとともに実証実験を重ねてきました*1。

  • 『未来のオフィス 4×SCENE』での実証実験

NTTアーバンソリューションズ株式会社およびNTT都市開発株式会社による実験的ライブオフィス『未来のオフィス 4×SCENE』は、リモートワークを基本としながらも、これからも必要な未来のオフィス像を描き、社員が自ら利用・運営し、データを取得解析し、ブラッシュアップし続けていくライブオフィスです。『スマートホテリング』は、『未来のオフィス 4×SCENE』の開設と同時に価値検証を開始し、サービスのUI・UXからレコメンド機能のアルゴリズムまで、改善を重ねてきました。

「スマートホテリング」導入により期待できる効果

独自の特許技術「レコメンド機能」により、自発的なリアルなコミュニケーションを実現

一般的な座席予約機能に加え、「レコメンド機能」*2により、つながりのある社員の出社に合わせた最適な出社タイミングを通知します。さらに、つながりのある社員の座席が表示されるので、社員は働く場所を選びやすく、チームワーキングを促進し仲間と共創できる機会を提供します。

  • 過去の会議の参加実績など、社員一人ひとりの働き方データを利活用し社員間のつながりを数値化し、関係性に基づいたコミュニケーション支援情報を通知する技術:特許第7364734号

「メンバーズポータル機能」により効率的なコミュニケーションを支援

つながりのある社員がいつどこで働いているかを一覧で把握できる直感的なUI。現在のステータス(会議中、離席中、働いている場所など)を一目で確認できるため、いつどこで話ができるかを容易に判断できます。これにより、最適なコミュニケーションを促進し、イノベーションの創出を強力にサポートします。

「レコメンド機能」でつながりのある社員の出社タイミングを通知 イメージ
「レコメンド機能」でつながりのある社員の出社タイミングを通知
予約する座席や会議室を選ぶ際も、つながりのある社員の居場所を強調して表示し、働く場所を選びやすくサポート イメージ
予約する座席や会議室を選ぶ際も、つながりのある社員の居場所を強調して表示し、働く場所を選びやすくサポート
「レコメンド機能」でつながりのある社員の出社タイミングを通知 イメージ
予約する座席や会議室を選ぶ際も、つながりのある社員の居場所を強調して表示し、働く場所を選びやすくサポート イメージ
「メンバーズポータル機能」で、つながりのある社員の現在の在席状況や今日一日の予定を確認できリモートワークでも話しかけやすいタイミングで通話やチャットが可能

上記2点により、組織全体の知的生産性の向上を促進するとともに、社員の創発を促します。また、社員の孤立感を低減し、より健全で協力的な職場環境の構築を実現。メンタルヘルスをサポートすることで健康経営にも寄与します。

使いやすい座席予約機能で座席や会議室の利用率を改善

これまでの実証実験を経て洗練を重ねてきた座席予約機能は、オフィスでのさまざまな利用シーンに対応。座席や会議室の予約状況の通知や自動キャンセル機能により分単位で管理することができ、効率的に利用することができます。

さらに、電子ラベルなどのオプションサービスを利用することで、予約状況を可視化し、スマホでタッチするだけで簡単に設備の利用が可能になります。

スマホをかざしてチェックイン・アウトが可能 イメージ
スマホをかざしてチェックイン・アウトが可能
(オプションサービス)
予約・利用状況が分かる「電子ラベル」 イメージ
予約・利用状況が分かる「電子ラベル」
(オプションサービス)

Microsoft 365と連携したシームレスなアカウント設計

利用者はMicrosoft ID Platformによって認証・認可されており、新たにアカウントを作成・管理することなく、Microsoft 365のアカウントを用いて利用できます。会議室予約情報はMicrosoft 365(Microsoft Outlook/Teams)とスマートホテリングが同期するため、複数のサービスで別々に予定をつくる必要はありません。これまでのワークスタイルの中で自然な予約体験をサポートします。

「スマートホテリング」のサービス提供に関する情報

サービス開始日2024年7月1日
価格・1ユーザー利用料:400円/月(契約人数100名~)
・初期設定費用 110,000円(200席/1フロア)~
Webサイトhttps://www.nsf-e.com/coes/smart-hoteling/
デモ体験の場 スマートホテリングを実際にご覧いただけるのは以下の2カ所です
トライアル導入についてもお気軽にご相談ください。
  • 「スマートホテリング」、「Engagement Lab」はNSFエンゲージメントの登録商標です。
  • 「4×SCENE」はNTTアーバンソリューションズの登録商標です。
  • Microsoft 365、Microsoft Teams 、Outlookは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社NSFエンゲージメント
広報課 
nsfe-ccom@nsf-e.com

ページトップに戻る