文字サイズ

  • 拡大
  • 標準

ニュースリリース

2019年05月10日

「NTTアーバンソリューションズグループ 中期ビジョン」策定について

 NTTアーバンソリューションズ準備株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中川 裕)は、個性豊かな地域社会が主役となるこれからの街づくりの実現に向けて、2019年度をスタートとする「NTTアーバンソリューションズグループ 中期ビジョン Road to 2030 ~地域の皆様から選ばれ、信頼される街づくりパートナーをめざして~」を策定いたしましたので、お知らせいたします。
 中期ビジョンの主な内容は、次のとおりです。詳細につきましては添付資料をご参照ください。

  1. 策定の背景と取組みの方向性

     都市が抱える課題は、人口減少・少子化、高齢化の進展、都市間競争の激化、巨大災害の切迫、地球環境問題など、より複雑化しています。一方で、ICT等の分野における技術革新が、複雑化した社会的課題の解決に繋がることが期待されています。
     このような環境認識のもと、当社は街づくりに係るNTTグループの窓口として、自治体、行政や企業皆様とのパートナーシップを構築し、NTTグループのもつ不動産やICT・エネルギー等のリソースやノウハウを活用して地域の課題解決に取り組むとともに、地域の皆様がめざす街づくりを支援してまいります。

  2. NTTグループの街づくり事業における重点施策

    • NTTグループ保有資産の活用
      NTTグループの営業拠点との連携や企業等とのパートナーシップの構築により、全国の局舎等のリソースを最大限活用した街づくりを展開してまいります。

    • 街づくりのグローバル展開
      NTTグループのグローバル事業との連携と、海外現地パートナーとの協働により、先進的な課題解決事例の創出に取り組みます。

    • アセットやソリューションの多様化
      シェアオフィス、多世代が共生する住宅、ホテル等の多様なアセットやICT・エネルギー等を用いたソリューションを提供してまいります。

    • マネジメントサービスの強化
      エリアマネジメント・ファシリティマネジメント等のマネジメントサービスを強化することで、持続可能な地域社会を支えてまいります。

 新たに策定した中期ビジョンのもと、当社は、傘下のNTT都市開発株式会社ならびに株式会社NTTファシリティーズと共に、地域の皆様の街づくりパートナーとしてグループ一体となり取り組み、従来の不動産開発事業にとどまらず、ICT・エネルギー等を複合化し、地域の課題解決や個性豊かな地域社会の実現に貢献する、街づくり事業におけるリーディングカンパニーをめざします。

■添付資料
NTTアーバンソリューションズグループ 中期ビジョン Road to 2030
~地域の皆様から選ばれ、信頼される街づくりパートナーをめざして~ pdf

お問い合わせ先 広報担当 浅見・小張 03‐6381‐1150