文字サイズ

  • 拡大
  • 標準

サステナビリティ

トップメッセージ

NTTグループのリソースを最大限活用した「街づくり」を推進し、持続可能な社会の実現に取り組みます

辻上社長

NTTアーバンソリューションズ株式会社
代表取締役社長 社長執行役員

辻上社長サイン

私たちNTTアーバンソリューションズグループは、NTTグループが推進している、街が抱える課題に対し街づくりを通じて解決する「街づくり」を牽引するグループとして、2019年7月に誕生し5年目を迎えました。NTTアーバンソリューションズの下に、NTT都市開発(不動産開発)、NTTファシリティーズ(設計・維持管理等のエンジニアリング)、2021年7月にNTTアーバンソリューションズ総合研究所(街づくりのコンサルティング)、NTTアーバンバリューサポート(プロパティマネジメント・エリアマネジメント)の2社を加え5社体制による街づくりのバリューチェーンを構築しました。これにより、「街づくり」に関するコンサルティング、不動産開発、設備管理、プロパティマネジメントまでをワンストップで提供することで、地域の皆さまに価値を提供し、サステナブルな街づくりに貢献しています。

私たちは、地域・社会が抱えるさまざまな課題と真摯に向き合い、「街づくり」を通じてNTTグループが有するICT、不動産、エネルギー、環境技術などを最大限活用することで、地域の課題解決につなげていきます。

2023年度も、これら「街づくり」を通じた社会のサステナビリティ推進に関する当社グループの取り組みなどについて、皆さまにレポートいたします。本レポートは、当社グループがめざす「街づくり」を4つのバリューから構成し、個性豊かで活力ある街づくりを支援することによるサステナブルな社会への貢献を取りまとめています。

例えば、「コミュニティ」では、NTTアーバンソリューションズグループ各社が連携し一体となって取り組んだプロジェクトである広島Park-PFIや仙台中央プロジェクトなどが竣工を迎えており、それらの取り組みを紹介しています。また、「イノベーション」では、エネルギー省力化や人員減少・資源循環といった、さまざまなサステナブルな課題解決に貢献する街づくりDTC®の実現に向けた取り組みを紹介しています。

また、NTTグループでは、2021年9月に環境エネルギービジョン「NTT Green Innovation toward 2040」を公表し、当社グループにおいても、2022年度に環境負荷低減目標「2050年度 スコープ1,2,3カーボンニュートラル」を策定しました。目標達成に向けて、2025年度に「全ビル※の使用電力を100%再生可能エネルギー由来の電力」とし、2030年度に「スコープ1,2でカーボンニュートラル、スコープ1,2,3で45%削減(2020年度比)」を実現します。
2025年度の「全ビル※の使用電力を100%再生可能エネルギー由来の電力」については、2022年度末に53.5%まで達成しています。また、2030年度「①スコープ1,2 2020年度比で排出量80%削減(1.5℃目標)②スコープ3 2020年度比で排出量45%削減〔スコープ3全体の約70%をカバーするカテゴリ11(販売した製品の使用)〕」の目標についてもSBTの認定を取得しています。

私たちNTTアーバンソリューションズグループは、これからも皆さまから信頼され、選ばれ続けるパートナーとして、NTTグループならではの新たな「街づくり」を牽引することにより、地域社会の経済発展など社会的課題の解決に取り組み、持続可能な社会の実現に向けて貢献していきます。

共同所有、海外含む当社所有ビルの使用電力のうちテナント含む自社持分相当とし、入居者が電力契約を締結するものを除く

サステナビリティレポート2023